岐阜県の祭りはどんぶりの街、駄知町

駄知小売商組合

翻訳サービス

概要

昭和31年10月、駄知町に営業活動の拠点を持つ、
食品・自動車修理・販売・料亭・食堂等の
異業種108店が出資し設立した駄知小売商業協同組合。

町の人々に娯楽を提供し、文化の発展の為に活動しています。
近来大型店の販売攻勢、また生活様式の変化・後継者不足など
色々な問題を抱えてはいますが、
平成7年から始めた「駄知どんぶり祭り」や薪能・ミニコンサートなどを企画実行しながら、
21世紀の小売業の在り方を試行錯誤しています。


事業

<第七条>
本組合は、第一条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)組合員のためにする消耗品の協同購買。
(2)組合員に対する事業資金の貸付け及び組合員のためにするその借入れ。
(3)商工組合中央金庫、中小企業金融公庫、国民金融公庫、銀行、相互銀行、信用金庫、信用協同組合に対する組合員の責務の保証又はこれらの金融機関の委任をうけてする組合員に対するその責務の取り立て。
(4)組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結。
(5)組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供。
(6)組合員の福利厚生に関する事業。
(7)前各号の事業に附帯する事業。


目的

<第一条>
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、
組合員のために必要な協同事業を行い、
もつて組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、
その経済的地位の向上を図ることを目的とする。


建物

駄知町に今も残る、昔ながらの建物を紹介します。

続きを読む


45年間の歴史から

駄知小売組合の歴史を紹介します。

続きを読む


ページのトップへ ページのトップへ

だちのまめ知識
どんぶりまつり
駄知町で行われるどんぶり祭りは、文化財産としても名高いお祭りです。地場産業である美濃焼きの産地に消費者の方々に来ていただき、直接ふれあう機会を設けて美濃焼きへの認識を深めてもらい、牽いては産地の受け入れ体制づくり、地域の活性化に繋げようと行われています。
駄知薪能
日本の伝統芸能である「能」。
暗闇に照らし出される篝火(かがりび)と凛として見事な演舞。
『駄知小売商組合』が主催するイベント『駄知薪能』のご紹介です。
駄知町の名産物
名産物をネットショッピングにてお求め頂けます。小売業で構成される組合員の所蔵物や地元の名産・特産品などを販売しております。